Read-Along 紙で買うか電子書籍で買うか

長い間、朗読つきの洋書絵本を探していました。
物語でそこそこの長さがあるもの。できればディズニーとかメジャーなお話を探していました。

「Little Golden Book」を何冊か持っているのですが、文が長いのでわたし程度のレベルの語学力では読み続けるのが辛い上に、聞いている長女もだんだん退屈してしまうので、たまにしか読めません(;´∀`)
ハードカバーで丈夫だし気に入っているのですが……

Read-Alongと出会う

そんなある日、「Read-Along」「Step into Reading」「Little Golden Book」がセットになってWFCショッピングサイトで販売されているのを発見しました。

「Read-Along」は10分前後の朗読CDつきの本、「Step into Reading」は簡単な単語と短い文章で構成された文字の少ない絵本です。
わたしが探しているのはまさに「Read-Along」でした。

iPadやiPhoneをお持ちの方なら、iBooksというアプリで、Read-AlongやStep into Readingをいくつか無料でダウンロードすることができます。
「read along disney」などと検索するとディズニー関連のものが出てきます。
朗読付きだし、読んでいるところの色が変わるので分かりやすいです。
他の電子書籍リーダーでも販売がありますが、価格や仕様はそれぞれ異なると思います。

本で買うか、電子書籍で買うか

そもそも、本+CDで買うのと、電子書籍で買うのは、どちらが良いのでしょうか?
「良い」の基準がいろいろあると思うので一概には言えないのですが、自分なりの基準で比べてみました。

電子書籍の良いところ

CDを再生する手間がないのですぐに読める。
安い。(iBooksでだいたい400円くらいでした。本+CDは800円くらい)

本+CDの良いところ

紙をめくって読む感じが好き。(超個人的意見!!!)

……とまあ、これだけ書くと『電子書籍のほうが良いんじゃない?』となるわけですが。
何でもかんでもデジタルに移行していいものか?と思ってしまう頭の固いわたし(;’∀’)
(自分は仕事も趣味もほぼデジタル化しているというのに……)
「音が出る絵本」だと思えばいいのかな?

ひとまず両方で

ひとまず、今のところは両方で導入してみることにしました。
というのも、iBooksで買えないものもあるので、まずはそれを本で買ってみたのです。

ナレーション+BGM+セリフという構成で、まさに朗読CD。
かなり雰囲気が出るBGMなので、大人が聞いても楽しめます。
だいたい10分くらいなので、長すぎず短すぎず丁度良いです♪
紙媒体と電子のどちらで買うかは色々試して検討してみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました