しまむらや100円ショップで出会う『パブリックドメイン版』ディズニーDVD

先日しまむらへ行った際に、ディズニーの作品が入ったDVDが280円で売られていました。
勿論、ひと目で正規のものではないとわかりましたが、どうしてこんな値段で?法律的にはどうなの?と気になり、調べてみました。

パブリックドメインになっている作品だった

このように格安で販売されているDVDは、日本では既に著作権保護期間を終了し、パブリックドメイン(社会全体の公共財産)になっている作品でした。
オリジナルの映像に、字幕と吹き替えが新たに製作されているものです。

つまり違法に販売されているもの(海賊版)ではないとのことなので、1本買ってみました。

DSC_9950~1

わたしが行ったしまむらには『ミッキーマウス1』の他に2と3、不思議の国のアリスがありました。
購入した『ミッキーマウス1』には、8本のお話が入っていて、合計55分。
『プルートの誕生祝い』と『ミッキーの誕生日』が入っていて、DWEのStraight Play DVDで一部見た内容だったので、これにしました。

音声は英語(オリジナル)と、日本語吹き替え。
字幕は日本語と英語です。

まずは日本語吹き替え版で見てみたのですが、ミッキーの声が明らかに違って笑ってしまいました。若い女性の声でした。
すこしネットで調べてみたところ、本職の声優さんなのかも定かではないほどの作品もあるのだとか…

我が家がこのDVDを購入した目的は勿論英語の音声なので、英語で聞いてみると…
こちらは違和感なく聞くことができました。
正規の英語の音声を聞いたことがないので(いつも日本語吹き替えで見てました…)、100%同じ!と断言はできないのですが(^^;)

英語で見るなら問題ないかな。

我が家では日本語音声で見ることはほぼないと思うので、このパブリックドメイン版でも何ら問題ありません。
実はわたしも夫もディズニーのアニメ作品をしっかりと見たことがないので、これを機にいろいろ見てみようと思っています。
しまむらの他、100円ショップ、ドン・キホーテなどでも売っているそうです。
そして、見ていって気に入ったものは正規版で買いたいな~と思っています♪



参加しています♪
にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

コメント