『ブレインクエスト』は理解度の把握におすすめ

アメリカに来て暫くして、Brain Quest(ブレインクエスト)を購入しました。

普段DWEを使っているけど、英語の理解度はどのくらいなんだろう?

そもそもは子供達との英語の会話のヒントが欲しくて導入したのですが、思った以上に使えるツールで重宝しています。

子供の理解度を把握できるのは勿論のこと、3〜4歳向け以降は問題と答えが別々のページになっていてそれぞれにイラストがあるのでとっても分かりやすいのです。

次女はまだ聞かれたことを答えることしか出来ませんが、知らない単語もかなりあるので語彙力を増やすのに役立っています。
長女には文章で答える練習にうってつけ。そして、次女に合わせたレベルのものを使って問題を作りったり、次女が答えられるようヒントを出したりもしています。

いちばん下のレベルがこの2〜3歳向け。
問題と答えが同じページ内にあります。
現在3歳なりたての次女はこのレベルなら文章で答えられるものも多いです。
そして長女は読める答えもあるので読みの確認にも使えます。

3〜4歳向けから、問題と答えが別々のページになります。
小さい子向けと侮るなかれ、結構知らない単語もありました。

4〜5歳は、アメリカでいうところのプリスクールの年齢。
プリからフォニックスやサイトワードの学習が始まります。

5〜6歳はキンダー。ここからアメリカでの小学校レベルに入っていきます。
長女が現地校で在籍している学年です。
絵を見ただけでは理解できない文章が増えてくるので、しっかり聞けているかを確認できます。

ブレインクエストはワークブックもあり、こちらも日本でも購入できるようです。

ワークはもう少ししたら使ってみる予定なので、またレビューしたいと思います♪



参加しています♪
にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

コメント