【アメリカ生活】インフルエンザの予防接種

アメリカではインフルエンザの予防接種を受けることが奨励されていて、保険から補助が出るので多くの人が無料で接種することができます。
しかも病院だけでなく薬局やスーパーの薬コーナーでも摂取可能!

Myriams-Fotos / Pixabay

ちなみにインフルエンザの予防接種は、英語ではflu shotといいます。
11月くらいからあちこちでこの文字を見かけるようになります。

小学校に通っている子は、決められた期日までに予防接種をして学校のナースに知らせる必要がありますが、接種した証明になるものを提出すれば良いだけなので楽チンです。

薬局で打ったところ、子供達はたくさんご褒美のステッカーをもらいました。かなり痛かったようで泣いていましたが、更にキャンディも貰ってすぐに気持ちを切り替えていました。
担当してくれた方々がとても親切で、注射をする部屋に長い時間いなくても良いように配慮してくださって助かりました!

他に待っている方もおらず、長い待機時間で余計な体力を消耗することも体調を崩すこともありません。とっても楽で助かるインフルエンザ予防接種でした♪

我が家のインフルエンザ対策

手洗い・うがい、そしてこまめに水分を摂るようにしています。
口や鼻が乾燥しているとそこからウイルスが入ってくると聞いたことがあるので、普段からのこまめな水分補給は重要!

冷やしてもあったかくても美味しいルイボスティーは1年中愛飲しています。

病は気から?ということで、気分がスッキリするアロマも使っています。
アロマストーンに何滴か落としたり、アロマスプレーにしたり。
ウイルスを直接攻撃するような力はないと思いますが、香りの力で気分が落ち着きます♪

タイトルとURLをコピーしました