富士サファリパークで楽しく・お得に・ちょっぴり英語も。

行楽日和のとある休日。
富士サファリパークへ行ってきました!
以前から行きたいなと思っていたのですが、入園料がそこそこするので、長女がちゃんと見て回れるようになってから・・・・・・ということで、やっと行くことができました。

富士サファリパーク

静岡県裾野市にある自然動物公園です。
東名高速の裾野インター、新東名高速の新富士インターが最寄りです。

休園日・入園料

年中無休で、時期によって開園時間は異なります。
公式ホームページをチェックしてからのお出掛けをおすすめします。
入園料金は大人(高校生以上)が2,700円、こども(4歳~中学生)が1,500円、3歳以下は無料です。

割引券

公式ホームページの割引券を印刷していくと、1人300円の割引が受けられます。
(時期によっては割引券のサービスがない場合もあります)
それから、道の駅やサービスエリアなどにも割引券があります。

ですが、誰でも入手できて一番割引率が高いのは、JTBのレジャーチケットです。

大人は2,100円(600円引き)、こどもは1,100円(400円引き)になります。
オンライン決済の他、コンビニの端末で購入することができますので、サファリパーク付近にあるコンビニで駆け込みGETしても大丈夫です!
セブンイレブン、ミニストップ、ローソン、ファミリーマート、サンクスで取り扱いがあります。
(2015年11月の情報です。2016年4月には大人2,200円に変わってました)

サファリゾーン

自家用車で回る場合にはガイドはありませんが、園内ガイドラジオが流れています。
AM1620kHzです。ただ、エリアごとに解説の内容が変わるので、やや混線気味でした(笑)

DSC_0451~2
まずはクマのエリア。
とても大きなクマがすぐ近くまでやってくるのでちょっと怖かったのですが、一般車両に接近しすぎた場合にはしまうま模様のレンジャージープがすぐにやってきて、動物たちを誘導してくれます。

DSC_0456~2
ガイドの解説&エサやり体験ができるジャングルバスは別料金ですが、こんなに動物たちが寄ってきてくれるので楽しいですよね。
今回は自家用車で回りましたが、次はジャングルバスに乗りたいな。

DSC_0460~2
ライオンもたくさん!
驚くほどの頭数でした。

DSC_0465~2
ライオンも車の近くを通ります。

DSC_0468~2
トラやチーターは柵のむこうでした。

DSC_0472~2
猛獣ゾーンを抜けてからは草食動物ゾーンに。

DSC_0478~2
キリンも近い~! 肌の質感までしっかり見ることができます。

DSC_0480~2

ふれあいゾーン

DSC_0558~2
犬・猫・うさぎとそれぞれ触れ合える館もあります。別料金です。
犬と猫の館は3歳以下は入ることができないので、残念ながらスルーしました。

DSC_0498~2
カピバラ、カンガルー、モルモット、ハムスター、アルマジロなどさまざまな動物と触れ合うことができます。
えさやりもできますし、えさも50~100円とリーズナブル。
何よりとても懐っこいので、長女もたくさん触れ合っていました。

レストラン

レストランやカフェも数か所あります。
わたしたちはサファリレストランで昼食をとりました。
DSC_0560~2
わたしはガッツリお肉を(笑)

子どもメニューもありますが、やや大きなお子さん向け。
2歳前の長女にはまだ味が濃かったようでした。

お土産

サファリショップというお土産屋さんがあり、そこでお土産を買って帰りました。
最初はぬいぐるみにしようと思ったのですが、長女が飛びつくようなものがなかったので・・・・・・

DSC_0672~1

チョロQにしました!
シマウマジープとトラバスです。長女は車が好きなので、ディズニーランドに行った時もお土産はトミカでした(笑)

ちょこっと英語

お土産屋さんで、とあるご家族が英語を交えて話しているのが聞こえてきました。
恐らくneneより少し大きいくらいの男の子が動物のぬいぐるみを見て名前を言っていたところ、お父さんが”In English?”と聞き、男の子は”a lion”と答えていました。
お父さんの発音もお子さんの発音もとてもキレイでしたが、お父さんが『(男の子の名前)のほうが発音きれいだなあ、すごいな~』と言っていました。
やっぱり子どもの吸収力ってすごいなあ。


DWEや絵本で動物の名前をなんとなくは覚えていた長女。
実物を見ながら話しかけることで更に理解が深まったようです。
今、DWEを一通り通しているのですが、ちょうどライムグリーンのcircus trainのお話のところなんです。
そこで動物がいろいろ出てくるのもあって、一気に頭の中で結びついた感じ。
帰宅してからも、この日撮った写真を見ていろいろお話してくれます。



参加しています♪
にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

コメント