【英検】6歳長女 3級に合格

2020年度の第2回実用英語技能検定において、当時6歳(小1)の長女が3級に合格しました。
ちょうどDWEのイエローの課題を提出し終えた頃のことです。

イエローCAP取得!
DWEのことを書くのは久々かもしれませんが、我が家のおうち英語の基礎がDWEであることに変わりはありません。 取り組みがあまりに日常に溶け込みすぎていて、特に書くことが無かったというのもあります(笑) さて、このたび長女がイ...

多くの日本人の英語の学び方である読み書きから入る勉強法ではなく、母国語方式で英語を楽しんできました。
英語を勉強としてやっていた私と違い、長女にとって今や英語は当たり前に話す・使う言葉
英検など検定試験の受検を目的とした勉強はしてきていません。

実は以前は「長女は低年齢で英検を受けることはないだろうな」と思っていました。
ただ、あるきっかけから長女が英検に興味を持ち、受検に至りました。

きっかけ

父親(つまり私の夫)が上の級を受検するにあたり、英検という存在を知った長女。
そこで過去問をweb上で見てみると、すらすらと読んで答えることが出来ていました。

これならできるかも!賞状欲しい!テスト受けてみたい!

こんな単純明快なきっかけでした( *´艸`)

試験のための勉強はしない

英検をどのように使うかは自由だと思うので、今回は長女の「やってみたい」気持ちに沿う 実力試しのためのものとすることにしました。
つまり現時点での理解度を測るということです。
ということで、検定対策としての読み書きの勉強というものはしませんでした

この時点でリーディングとリスニングは対策をしなくても3級合格できるレベルだと感じていたので、このようなスタンスで臨めました。
ちなみにライティングはこれまであまりやってこなかったので、多分点数は取れないだろうなと思っていました(-_-;)

ただ、試験というもの自体を受けることが初めてのため、公式サイト掲載の過去問で試験の流れとマークシートの塗り方の確認はしました。
それと、以前からリスニングの無料アプリを使っていたので、引き続きそれは使用しました。

一次試験

一次試験が行われたのは2020年秋。
本会場ではなく準会場で受検しました。
コロナ禍ということで準会場が広く開放されたため、近隣の個人塾での受検になりました。

なお、親は受験票に名前や必要事項を書くところまでは同席できました。

一次試験結果

英検バンドG3+7での合格でした。
3級の一次スコアはリーディング・リスニング・ライティングでそれぞれ550が満点。
リーディングが7割ちょっとしか取れなかったのが意外でしたが、本人曰く長文読解でミスしたようです。
リスニングは満点でした。
ライティングは点数的には6~7割。スペルミスがありましたが、ちゃんと読める文章を書けていて驚きました。読むことは好きですが、それを書くことはあまりしていなかったので……

二次試験

二次試験は指定の会場で、近隣の大きめの塾でした。
受検スタンスは一次試験と同じくで、面接対策もゼロ
本人は当日朝まで面接があることを忘れていたほど……(-_-;)
会場で席について受験者心得を読んで、試験の流れを確認しました。

二次も受験票の記入は親が付き添えます。
コロナ対策で保護者控室がなかったため、親は建物の外で待機。

試験は待ち時間が思いのほか長く、持って行った本だけでは時間を持て余してしまったようです。
雰囲気に呑まれないか心配していましたが、本人はわりとけろっとしていました。

ただ読んでお喋りするだけだったよ!楽しかった!

余裕の表情で帰ってきてくれたので、ひと安心。

ちなみに二次試験の面接官は日本人ではなかったそうです。
ネイティブスピーカーなのかどうかは分かりませんが、長女は特に違和感なく普通に話したとのことです。

二次試験結果

英検バンドG3+4での合格でした。
3級の二次スコアは550が満点で、8割取れていました。

2割はどこを落としたんだろう?と分野別得点を見てみると、リーディングとアティテュードは満点で、Q&Aで1つ落としていました。1つ落としただけでスコアが100くらい下がるということにびっくり。
得点の仕組みはよく分かりません(;’∀’)

のほほんとした性格で、人と競ったり争ったりするのが苦手な長女。
いつだってライバルは自分!というタイプではあるのですが、のんびりさが心配になることも……
そんな子が今回英検を受けてみて、自信次への意欲を手に入れました。

これから英検を『目標』にしていくのか、今後も『実力試し』にしていくのか、そもそも次の級に挑戦するのか……
そのあたりは本人が決めることですが、楽しく英語に親しみ続けられるのなら何でも良いと思っています(*^^*)

【おうち英語】言語の習得度別 使って良かった教材や本と進め方のまとめ(0〜6歳)
我が家の「おうち英語」の始まりは、長女が1歳8ヶ月でDWE(ディズニーの英語システム)を始めた時。この9月で丸5年が経ち、6年目に入ります。 主軸はDWEにありましたが、その時々で様々な絵本や教材も取り入れてきました。 ...
【話す・読む】「掛け流し」で英語を身につけるには
現在6歳の長女が1歳8ヶ月の頃、DWEの購入を機に始まった我が家の「おうち英語」。 その中で一番大事にしてきたことは、掛け流しを続けることです。 ここでは、掛け流しを続けてきた結果、年齢相応の話が英語でもできるようになり、読み書きにも繋...
余談:DWEで英検合格?

SNSで英検のことを書いていましたら、「DWEで英検合格することができますか?」という質問をいただきました。

私はDWEを基礎を作る教材だと考えていて、英検のリーディング・リスニング・ライティングでいうとリスニングの部分には強く影響があったと思っています。
リスニング満点という結果を見れば、しっかり耳が育っていることは分かります。

ただ、DWEには読むための練習はあまりなく、フォニックスもありません。
DWEの本だけでは触れることが出来ない単語はたくさんあります。
ですからDWEの本はさらっと読めるようになった上で、他の絵本やチャプターブックを読んで語彙力をつけていくことは必要不可欠だと思います。
そしてライティングに関しては、DWEで親しんだ基礎的な構文が活きることは言うまでもありませんが、それをサラッと書けるかどうかは難しいところ。

ですからDWEでイエローCAPを持っていれば3級合格できるよ!と安易に言えるものではないと思います。
ただ、イエローCAPを持っていてDWEの本は全部読めるよ、TEでもいろいろ話せるよ……というレベルであるのなら、挑戦してみることで実力を測り 弱点を見つけることが出来るかもしれませんね。

個人的には、せっかく母国語方式(英語で英語を学びとる)でやっているのに、英検のために日本語で文法を学んだり単語の意味を覚えたりするのは勿体ないと考えています。
普段読んでいる本や聞いている音源で身につけた語彙力で その級の問題はほぼクリアできる、という状態での受検ならば、本人にも親にも負担になりません。

タイトルとURLをコピーしました